【PCOT】翻訳支援ツールの紹介

SNSフォローボタン
banchをフォローください!
雑記

日本語非対応のゲームを翻訳するツールとしてお勧めしたいのが

【PCOT】

・文字が表示される場所が決まっている

・文字表示のウィンドウを任意の場所に移動できる

ゲームの場合、最初に翻訳する範囲を指定すれば

あとはPCOTの翻訳ボタン、もしくは割り当てたショートカットキーを押すだけで翻訳が行われ、訳文が表示されます。

これが一番のおすすめポイント!

他の翻訳ソフトの場合、毎回翻訳範囲を指定する必要があったり、
マウスカーソルを乗せている時だけ表示される文章の翻訳が出来なかったり、
喋る言葉に合わせて文章が流れるものが中途半端にしか翻訳できなかったり

そういったことを一気に解決してくれるのが【PCOT】

ダウンロードはこちらの公式ページより

(↑作者のぬるっぽ氏、たまにVCで雑談してくれる友人です)

解凍後に「【必読】りどみ.txt」をチェックし、ゲームの翻訳に使ってみましょう!

①ゲームを起動
翻訳したいゲームを先に起動しておき、フルウィンドウモードに設定する
PCOT起動後のプロセスからゲームを選択して翻訳をかけるため、先にゲームを起動しておきます。
フルウィンドウモードでしか挙動しないようなので、ウィンドウモードにしているゲームは事前に変更しておきましょう。

②PCOTを起動


PCOTを起動すると、現在起動中のアプリが一覧で表示されます。
この中からゲームをクリックし、左下の選択をクリック
※PCOTを先に起動、ゲームを後から起動した際は右下の「リスト更新」をクリックすればゲームが表示されます。

③翻訳してみよう

まずは上部中央の【翻訳】ボタンを押し、翻訳したい文章が表示される場所をマウスでドラッグ

うまく読み取れたらPCOTの画面上部に原文、下部に翻訳文が表示されます。

ゲーム内の文章表示が固定されている場合、翻訳ボタンを押せば、先ほどドラッグした範囲を再読取りし、翻訳をしてくれます。

【フリー選択】

翻訳場所が異なる場合は【フリー選択】をクリックし、都度翻訳箇所をマウスでドラッグ選択しましょう。

通常の使い方だとこんなところ。

以下そのほかの設定など(あまり詳しくありません)

【システム設定】

・翻訳後に音声出力

棒読みちゃんなどに読ませられるらしい。

・範囲選択時に対象プロセスのスレッドを停止

マウスオーバー時に表示される文章の翻訳はここにチェックを入れておかないと、範囲選択時にオーバーが解除されてしまいます。

※オンラインゲームでプロセス停止をすると規制対象(簡単に言うとBAN)になりかねないので、オンラインゲームの場合はスクショや録画から翻訳をするように

・範囲選択時にスクリーンショット取得

これ便利な機能じゃないですか?読み取りに失敗した時、手打ちで解決できますね。

【ショートカット設定】

PCOTが起動中、Ctrl+Shiftを押しながら対象のキーを押せばショートカットが使えます。

Chroniconのwiki作ってた時に多用したのはフリー選択でした。

【外部翻訳アプリと連携】

通常の翻訳はグーグル翻訳ですが、より翻訳精度の良いDeepL・みんなの自動翻訳と連携させることが出来ます。
(みんなの自動翻訳はよくわかりません)

DeepLは自然な訳文にしてくれるので、ヘビーユーザーになっていましたが、翻訳回数が多すぎたのかアクセス制限かけられちゃいましたね…

DeepLと連携にチェックを入れ、DeepLの公式サイトからアプリをダウンロード、インストールをしておきましょう。

インストール後にPCOTで翻訳をかけると、DeepLのアプリが立ち上がり、PCOTとは別画面で翻訳を行います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました